欧米でレジ袋無料化の動き相次ぐ 「買い物袋の使い回しは不衛生のため」

1: シンガプーラ(長野県) [DK] 2020/07/01(水) 07:51:11.25 ID:Pb4CHhyL0● BE:323057825-PLT(13000)

欧米では日本に先立ってレジ袋を有料化する取り組みが始まりましたが、同じ袋を使い回すと新型コロナウイルスの感染リスクが高まるなどとして、無料で提供する動きが再び広がっています。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

アメリカ西部のカリフォルニア州は、2016年、全米で最も早く小売店などでのプラスチック製レジ袋の提供を禁止し、再利用可能な袋や紙袋を10セント、日本円で10円余りで販売する法律を導入しました。

しかし、州内での感染の拡大を受け、客が再利用できる袋を持ち込むと店員が感染するおそれが高まるなどとして、ことし4月、一転してレジ袋などを無料としました。

また、州内のサンフランシスコでは、客が再利用できるバッグやマグカップなどを店に持ち込むことを禁じる行政命令を出しました。

東部メーン州ではことし4月から、レジ袋の提供を禁止し、再利用可能な袋や紙袋に5セント以上、日本円で5円余りで販売する法律が施行される予定でしたが、やはり感染リスクを考慮して来年1月まで延期されることになりました。

また、イギリスのイングランドではゴミを減らすため、2015年からレジ袋を1枚5ペンス、日本円で6円余りで販売してきましたが、感染の拡大を受けネットスーパーを利用する人が増えたことから、配送作業に遅れが出たりしないよう、レジ袋を一時的に無料で提供することになりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012490321000.html

shopping_rejibukuro_blank

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
欧米でレジ袋無料化の動き相次ぐ 「買い物袋の使い回しは不衛生のため」