スイセンの球根を食べて食中毒 ニンニクと間違える

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/06/24(水) 07:19:23.00 ID:1HqjJUCx9

 岡山県は23日、スイセンの球根をニンニクと間違えて食べた井原市の60代男性と50代の妻、20代の息子の家族3人が、嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴えたと発表した。いずれも入院はせず、快方に向かっているという。

 県生活衛生課によると、3人は21日昼すぎ、自宅近くの畑で収穫したニンニクに、自生のスイセンの球根が交ざっていたことに気付かず、調理して食べたという。

 スイセンはアルカロイドなどの有毒成分を含み、食後30分以内で嘔吐や頭痛を引き起こす可能性がある。葉はニラやノビル、球根はタマネギやニンニクと間違えやすく、県が注意を呼び掛けている。
https://www.sanyonews.jp/article/1024244?rct=syuyo

3242756_s

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
スイセンの球根を食べて食中毒 ニンニクと間違える

モッピー!お金がたまるポイントサイト