セイコーマートの社長「日本型コンビニのビジネスモデルは終わりが近い」

1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/20(月) 09:36:39.68 ID:KAx1VXuj9

 ――昨年はコンビニのあり方が問われる一年でした。どうご覧になっていましたか?

 大手コンビニのビジネスモデルの限界がついにきた。そんな印象を受けました。もうちょっと正確にいうと、米国発のフランチャイズ制を応用した日本的コンビニビジネスモデル。これが終焉に近づいたということだと思います。

 ――日本的モデルとは?

 フランチャイズ制度そのものは悪い制度ではありません。でも、日本のコンビニ業界はそれをねじ曲げてしまった。その綻びが出ているように思います。フランチャイズ制の基本理念は本部と加盟店の共存共栄です。そのベースにあるのは富の正当な配分と、加盟店に独立した裁量権を持たせることです。本来のフランチャイズ制度とは本部と加盟店は同心円状の関係なんですね。ところが、従属関係になっているように見える。ロイヤルティーの問題もあるし、加盟店にどれだけの裁量権があるのだろうか。24時間契約であれば営業時間の裁量権はないし、値引き販売を許さないのであれば価格決定権もないことになる。その地域に集中出店するドミナント戦略をやれば、道を隔てて同じチェーンの店が出てくる。加盟店にはテリトリー権もないわけです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000008-nkgendai-bus_all&p=2


7c62ea8347b8f7a0fa862b667925a147_s

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
セイコーマートの社長「日本型コンビニのビジネスモデルは終わりが近い」

モッピー!お金がたまるポイントサイト