【山形】冬限定!3時間待ちの行列ラーメン店「琴平荘」

1:2020/01/08(水) 15:29:35.72 ID:GvEodei/9.net
2020年1月5日放送の『情熱大陸』で紹介されたのは、山形県の人気ラーメン店「中華そば処 琴平荘」。寒い冬だけの期間限定営業にもかかわらず、なんと3時間待ちの行列ができる超人気店。くわしい情報はこちら!

冬季限定営業!3時間待ち行列ラーメン店
中華そば処 琴平荘(こんぴらそう)

冬の間だけ期間限定でオープンしている『中華そば処 琴平荘』。

元々は創業50年の老舗旅館。冬場は宿泊するお客さんが少なかったため、閑散期だけ期間限定でラーメン店を始めたのが始まりでした。

お店があるのは山形県・鶴岡市。JR鶴岡駅より約30分の日本海側・三瀬海岸(さんぜ)のすぐそばにあります。
 

ご主人の掛神淳(かけがみあつし)さんは1965年山形県鶴岡市生まれ。大学中退後、父親が経営していた飲食店で料理を勉強。
その後、祖母が始めた民宿から始まった「旅館 琴平荘」を引き継ぎ、調理を担当、2002年、閑散期(11月~3月)限定で中華そば屋を開店しました。

ラーメンについてはなんと独学。もともとラーメンの食べ歩きが好きだったご主人、全国のラーメン店を食べ歩き、研究を重ねて自家製の醤油ラーメンを作り上げました。
もちろん麺も自家製。毎朝6時から作り上げているんだそう。

毎年進化し続けている醤油ラーメン。2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め、このラーメンが口コミで広がり、冬の間しか食べられない「幻のラーメン」として話題に。
今では平日でも100人を超える行列ができる人気店になりました。

●中華そば 682円

丸鶏スープに豚のうま味を加え、さらに地元産のトビウオの焼き干しで取った出汁を入れている、優しくて濃厚な味。
麺は毎朝自家製で作る多加水麺。通常の約1.5倍の加水率でプルプルもちもちの食感。

今ではラーメン店が忙しすぎて旅館業にも手が回らないんだそう。10月~5月に営業期間を広げ、今ではラーメン一本で勝負しているんだそう。

中華そば処 琴平荘(こんぴらそう)
住所:山形県鶴岡市三瀬己381-46 旅館琴平荘
営業時間:11:00~14:00 ※冬期間(10月~5月)のみの期間限定営業
定休日:木曜日

https://www.xn--e-3e2b.com/yamagata/jounetsu200105_konpiraso/
2020.01.05

https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%83%8
情熱大陸 #1084「ラーメン店 主人・掛神 淳」 2020年1月5日放送分
ウォッチリストに追加する
あと4日
2020年1月12日(日) 22:59まで

5:2020/01/08(水) 15:32:54.65 ID:jj1giiko0.net
ラーメンごときで3時間とか狂った連中だな
3:2020/01/08(水) 15:31:42.01 ID:28kK1smY0.net
そんな美味しくないだろ
4:2020/01/08(水) 15:32:03.98 ID:SzOSE5gj0.net
まずそう
コク無さそうだしチャーシューも煮込みすぎ

Source: ラーメン速報|2chまとめブログ
【山形】冬限定!3時間待ちの行列ラーメン店「琴平荘」