1.9億円で落札の一番マグロ、釣ったのは山本昌親子と判明

モッピー!お金がたまるポイントサイト
1: マンチカン(大阪府) [EU] 2020/01/05(日) 20:19:46.03 ID:ZDv/PABS0 BE:711292139-PLT(13121)

 最高値となったマグロを釣ったのは、青森県大間町の大間漁協に所属するマグロはえ縄漁船・春栄丸(9・7トン)の山本昌彦船長(57)と、長男の昌平さん(30)の親子。
津軽海峡で夜通し操業していたところ、豊洲市場で「一番マグロ」になったとの連絡が入った。

 町に100人ほどいるマグロ漁師にとって、一番マグロを釣るのは「夢といえば夢」と山本船長。4年ほど前に漁船をエンジン火災で失う不運に見舞われた親子は、船上で「やったな」と喜び合ったという。

 山本船長は1キロ当たり70万円の値がついたマグロを「できるなら私も食べてみたいものです」。大間漁協の坂三男組合長は「大間の名を連続して上げてくれた。最高だ」と話した。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000019-asahi-soci

b94fb6b6e49ef600c8e8842436d5ca1a_s

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
1.9億円で落札の一番マグロ、釣ったのは山本昌親子と判明