ラーメンを食べ過ぎると薄毛になるという都市伝説を徹底調査

1:2019/12/19(Thu) 20:50:12
みんなが大好きなラーメンだが、脂分や塩分が多いため食べすぎは身体によくないと言われている。

さらには薄毛になるという迷信まで…。

そこでソーシャルテックは、20代~50代の薄毛男性483人と薄毛ではない男性588人を対象に、「ラーメン」に関するアンケート調査を実施。果たして、薄毛とラーメンは関連性があるのだろうか? ラーメン好きな薄毛の人は必見だ!

薄毛の人の8割以上はラーメンのスープを半分以上飲む!?
今回は、『ラーメンの食べ方』について着目して細かく調べてた。まず、ラーメンを食べる頻度を調査し、『週3回以上食べる』と回答した人に「味の好み、油の量の好み」について聞いたところ、味の好みに関しては、薄毛の人と薄毛ではない人の5割以上が『濃いめ』と回答した。

しかし、油の量に関しては、薄毛の方は薄毛ではない方と比べると『多め(37.0%)』という回答が多い結果に。

続いて、「スープをどのくらい飲みますか?」と質問すると、以下のような結果になった。

半分以上スープを飲む人の割合は、薄毛の人が8割以上と多いようだ。

スープを飲む量が多いと、塩分・脂肪分の多量摂取につながる。厚生労働省が出している1日あたりの塩分摂取目標数値については男性だと8gが基準とされている。

ラーメンの塩分量は平均5.5グラム~6.3グラムと言われており、1日当たりの塩分摂取目標数値をラーメンの1食でほとんどを占めてしまう可能性がある。

次に「追加で何か頼みますか?※大盛り・替え玉・ご飯もの・餃子等含む」と聞いてみると、なんとここで大きく結果が分かれた。

7割以上の薄毛の人が『はい(74.1%)』と回答し、薄毛ではない人は5割以上が『はい(54.8%)』と回答している。薄毛の方は薄毛ではない方に比べ、ラーメン以外にも追加注文をする傾向にあるようだ。

ちなみに、「何ラーメンが好きですか?」と質問すると、薄毛の人も薄毛ではない人も、1位『豚骨』2位『醤油』3位『味噌』という結果となっていた。

「ラーメン」に関するアンケート調査
調査期間 :2019年8月29日(木)~ 2019年9月3日(火)
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :1,071人
調査対象 :20代~50代の薄毛男性と薄毛ではない男性

構成/ino

https://dime.jp/genre/825523/

Source: ラーメン速報|2chまとめブログ
ラーメンを食べ過ぎると薄毛になるという都市伝説を徹底調査