大阪名物「かすうどん」カップ麺の完成度がすごいらしい

モッピー!お金がたまるポイントサイト
1:2019/11/10(日) 23:52:42.31 ID:wSst8jue9.net
マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第十七回 ヤマダイ「大阪かすうどん」 文・写真:オサーン

カップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」を紹介する連載の第十七回目です。
今回は、大阪で親しまれる「かすうどん」をカップ麺で再現した、ヤマダイの「ニュータッチ 大盛大阪かすうどん」を食べていきます。

ヤマダイ「大阪かすうどん」
そもそも「かすうどん」とはどんなもの?
「大盛大阪かすうどん」は、「うまいヌードルニュータッチ♪」のラジオCMでおなじみの、茨城県八千代町に本社を置くヤマダイのカップ麺です。

ヤマダイの製品は主に、ノンフライ麺を使用してスープにもこだわった高級ラインの「凄麺」シリーズと、油揚げ麺を使用して廉価コスパにこだわった低価格ラインの「ニュータッチ」シリーズに分けられ、
今回は「ニュータッチ」シリーズに分類される商品となっています。

「かすうどん」は、主に大阪で親しまれるうどんの一種で、「油かす」という、牛の腸を油が抜けるまでじっくり揚げたものを用いたうどんです。
油かすはお好み焼きや煮物などにも用いられ、大阪ではポピュラーな食材です。

「かすうどん KASUYA」監修

そして今回の一杯は、大阪を中心に店舗展開するかすうどん専門店、「かすうどん KASUYA」が監修しています。大阪ではかなり有名なうどんチェーン店とのこと。

大阪以外でも、中央競馬会の主要4場とされる、東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場すべてに支店を出しており、競馬ファンの方なら比較的おなじみのお店と言えるかもしれません。

かすうどんの出来上がり
「油かす」入りの揚げ玉がおいしい!
昆布やかつおの旨味に牛脂で香りをつけた甘めのつゆに、がっしりしたかための食感で太い油揚げ麺のうどんを合わせています。
縮れの強い麺でつゆとよく絡み、大盛サイズの90グラムで食べ応えがありました。

スープ表面に油はあまり浮いていない
そして主役の油かすですが、今回の商品では油かす入りの揚げ玉が使われています。

実際のお店で使われている油かすの形状とは異なるものの、やわらかい揚げ玉の中で硬くてコリッとした油かすの食感が心地よく、ジワッと鼻に抜けてくる牛モツならではの風味がしっかり感じ取れます。

また、カップ麺ではなかなか再現しづらいと思われる油で揚げた臨場感を、今回は揚げ玉を使用することで補っており、油に絡む牛腸の雰囲気をしっかり掴んでいました。

各社からカップ麺で使われる趣向を凝らした具が多く出ている中でも、今回の油かす入りの揚げ玉は、珠玉の一品なのは間違いありません。

とろろ昆布が溶け出したつゆ
とろろ昆布が溶け出した甘いつゆも魅力!
そして今回の商品、魅力は油かすだけではありません。具として入っているとろろ昆布がつゆに溶け出すことで、太い甘みが感じられ、しょうゆ味のつゆを丸く仕上げています。

油かす入りの揚げ玉の食感と風味に加え、とろろ昆布の溶け出したつゆが油かすを引き立てつつも太い甘みがあり、太くてがっしりした太い麺がボリュームもあって、これは文句ない組み合わせのおいしいカップうどんでした。

https://news.livedoor.com/article/detail/17359513/
2019年11月10日 12時0分 Jタウンネット

 0515164910_5cdbc476d95d1.jpg 

かすうどん

2:2019/11/10(日) 23:53:21.67 ID:x178MV1p0.net
阪神競馬場のかすうどん好き
20:2019/11/11(月) 00:00:58.95 ID:Ih/Qnxjo0.net
>>1
ニュータッチなら元祖ねぎラーメンやろjk。
22:2019/11/11(月) 00:01:30.67 ID:J5P6ZPdC0.net
うまいの?
食ったことねえけど

Source: ラーメン速報|2chまとめブログ
大阪名物「かすうどん」カップ麺の完成度がすごいらしい