「若者よ、北海道の農村に来て!」 農家の後継者不足が深刻

モッピー!お金がたまるポイントサイト
1: シューティングスタープレス(東京都) [US] 2019/11/10(日) 18:07:10.93 ID:0eqHrHZU0 BE:123322212-PLT(13121)

 大規模化が進み、「日本の食料基地」とされる北海道。農業用機械の開発と導入がその流れを後押ししているが、その陰で農家が減り続け、存続が危ぶまれる地域がある。「農村」の現状を探った。

過去20年で140世帯が消えた

 北海道富良野市中心部から南へ約10キロ。三方を山に囲まれた山部地区は、メロンなどの園芸作物の栽培が盛んな市最大の農業地域だ。
再開発が進む市中心部では世帯数が増えているのに対し、山部では、過去20年の間に140世帯以上が消えた。
高齢化や後継者不足による離農が人口減に拍車をかけている。

 この地で3代にわたりメロンを育ててきた吉田農園の吉田幸男さん(69)も後継者問題に頭を痛める一人だ。
「今は身内が手伝ってくれるが、後継ぎがいない。自分が引退したらどうするか、と思う」
d4161533d9eaa30acbb2640a0fb41869_s
https://www.asahi.com/articles/ASMBH4H2GMBHIIPE017.html

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
「若者よ、北海道の農村に来て!」 農家の後継者不足が深刻