【悲報】サンマ、獲れば獲るほど数が減ってしまう…なぜ?とうとう漁獲量ゼロへ

1: 風吹けば名無し 2019/08/15(木) 11:59:58.10 ID:pAnlS6kQa

道東沖サンマ漁の主力となる棒受け網漁の小型船(10トン以上20トン未満)が漁の序盤から苦戦している。10日の解禁後に道東各港から約40隻が出漁したが、14日現在で水揚げはゼロのまま。
主漁場のロシア200カイリ水域で魚群が見つからず、やむなく道東沖で、資源が増えているマイワシを漁獲している船もある。
この時期に高値がつく「はしり」のサンマが取れない異例の事態に、漁業者は頭を悩ませている

こちらもおすすめ