ヴィーガンだった女性が出産後に完全肉食主義に:2歳の息子にも野菜を一切与えず生レバーと肉を与える

1: ホラッチョ山下(東京都) 2019/07/16(火) 09:37:05.18 ID:XNN6cdAL0● BE:151915507-2BP(2000)

・Former vegan who now follows the Carnivore Diet reveals her two-year-old also eats raw brains and liver for dinner – and she doesn’t feed him ANY vegetables

モッピー!お金がたまるポイントサイト

元ヴィーガンで、現在は肉食療法に移行している女性が、彼女の2歳の子にも生の脳とレバーを与えている事を明らかにした。そして子供にはいかなる野菜も与えていない。

以前はヴィーガンだったが肉食に転向したというグロリア・ザッソさんは、幼い2歳の息子にも野菜は与えず、自らの食事と同じステーキや臓物や骨髄スープといった物を与えるという誓いを守っている。

現在30歳、ミュンヘン出身のグロリアさんは、道徳的なものが理由だとしてわずか12歳で菜食主義に切り替え、全ての動物性製品を完全に排除していた。

しかし、2017年に息子のイザークさん(現在2歳)が産まれた後、突如彼女は関節の痛みやこわばりを引き起こす慢性関節リウマチ(自己免疫疾患)を患う事となった。
それは生まれたばかりの息子を抱き上げる事にも、自身の歯を磨く事にも苦労するほど彼女の手と足をとても苦しめたという。
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-7247895/Former-vegan-turned-carnivore-wont-feed-vegetables-two-year-old.html

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
ヴィーガンだった女性が出産後に完全肉食主義に:2歳の息子にも野菜を一切与えず生レバーと肉を与える