「自分は特異な体質で、緊張したりすると体内からアルコールが出る」信号機追突の男(28)、容疑を否認

1: 風吹けば名無し 2019/05/23(木) 18:56:05.75 ID:jd/pRxpy0

「緊張で体からアルコール出た」 酒気帯び運転で信号機追突の男

モッピー!お金がたまるポイントサイト

酒を飲んで車を運転したとして、兵庫県警伊丹署は23日、酒気帯び運転の疑いで、宝塚市に住む電気工事業の男(28)を逮捕した。同署によると、男は逮捕当時に「自分は特異な体質で、緊張したりすると体内からアルコールが出る。以前、医者にそう言われた」と供述し、否認しているという。
 
逮捕容疑は22日午後11時50分ごろ、伊丹市西台2の県道で、酒を飲んだ状態でワゴン車を運転した疑い。
同署によると、男は交差点で信号機の柱に追突する事故を起こし、酒気帯びが発覚したという。
car_drinking (1)
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201905/0012358722.shtml

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
「自分は特異な体質で、緊張したりすると体内からアルコールが出る」信号機追突の男(28)、容疑を否認