アメリカ在住医師「漬け物やキムチなどはがんになるのであえて食べることはありません」

1: 名無しさん@涙目です。(WiMAX) [FR] 2019/05/13(月) 20:38:10.20 ID:R+LefM2D0 BE:292723191-PLT(19081)

元ハーバード大学研究員でボストン在住の内科医・大西睦子医師の食卓に、日本古来の伝統食である漬け物が並ぶことはない。

「日本の漬け物や韓国のキムチなどをあえて食べることはありません。
複数の研究報告によると、湿った野菜を数週間から数か月漬け込み、菌や酵母を成長させるアジア式の野菜の漬け物は発がん性化合物を生じさせる可能性があります。

世界保健機関の外部組織・国際がん研究機関は、こうしたアジア式の漬け物から
ニトロソアミンという低濃度の発がん性物質が検出されたため、発がん性の危険度を上から3番目の『グループ2B』に分類しています。

野菜や酵母、調味料の種類によって発がん性物質が生じる量は変わってきますが、そもそも漬け物には塩分が多く胃がんリスクも指摘されるため、新鮮な野菜を食べるようにしています」
3f8f26e6aab5fefc304cfd077975da9d_s
https://www.news-postseven.com/archives/20190513_1366317.html

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
アメリカ在住医師「漬け物やキムチなどはがんになるのであえて食べることはありません」