にんたまラーメン、海外へ初進出

1:2019/04/24(水) 20:42:50.00 ID:/idUMUNx0.net BE:844481327-PLT(12345)
ラーメン店チェーンのゆにろーず(本社取手市、大野秀之社長)は中国・上海での店舗展開に乗り出した。ニンニクと卵を使った看板メニュー「にんにくたまごラーメン(にんたまラーメン)」を引っ提げ、昨年秋から商業施設に相次ぎ出店。同社の海外出店は初めてで、年内までに計5店舗を上海市内に立ち上げる計画だ。

ゆにろーずは茨城や千葉、埼玉、石川、岩手、大阪の6府県で計19店舗を展開する。「ロードサイド」と呼ばれる道路沿いに立地しているのが特徴で、トラックなどに対応した大型駐車場を備える。24時間365日営業にこだわり、週末は家族連れでにぎわう。

上海進出を巡っては、同社の元従業員と共に、現地で合弁会社を立ち上げた。店舗名は「大野本家」とし、カウンター席やテーブル席を計30席ほど設けた。メニューはにんたまラーメンのしょうゆや塩、豚骨などをそろえた。味付けは「上海料理に倣い、少し甘めにした」(大野社長)という。

食材は現地で調達している。背脂やニンニクの揚げ玉なども全て手作りで対応しており、日本での製法にこだわった。

地下鉄駅近くの商業施設で昨年9月に1号店、同12月に2号店を立ち上げた。2号店については、6月にもショッピングモールに隣接した飲食施設に移転する予定だ。現状よりも好条件の立地で、将来的には総菜工場や研修施設を併設したい考えだ。

大野社長は上海での店舗展開について「数年後にはロードサイド店を出したい」と語った。今後の課題については「ラーメンのみそ味だ」と指摘。「中国式のみそはトウバンジャンに近い。日本の味に近づけたい」とした。

ゆにろーずは1958年6月設立。73年に取手市内へ、ドライブイン「ゆにろーず取手店」を出店し、本格的にドライブイン運営に取り組み始めた。90年前半ごろからドライブインの飲食部門で「にんたまラーメン」を前面に打ち出し、ラーメン店として人気を集めている。(小野寺晋平)

https://this.kiji.is/493592600932353121

2:2019/04/24(水) 20:43:35.30 ID:iWsJ5EfQ0.net
初めて聞いた
そんな店あったのか
4:2019/04/24(水) 20:44:21.60 ID:VKyOh4dO0.net
初見
6:2019/04/24(水) 20:45:07.15 ID:In6yAL2P0.net
ゆにろーずはラーメンよりもカレーがおいしいと思う
86:2019/04/24(水) 22:31:44.02 ID:DScjK4WP0.net
>>6
あれは蕎麦屋のカレーの味だろw
9:2019/04/24(水) 20:45:26.95 ID:aTzqbIMV0.net
茨城出張いくとよく目にしたにんたま
入ったことないけど

Source: ラーメン速報|2chまとめブログ
にんたまラーメン、海外へ初進出