【奇祭鬼盛メシ】石川県輪島市で伝統行事「もっそう飯」が行われる 高さ20cm、5合の山盛りのご飯を食べるwwwwwwww(画像あり)

モッピー!お金がたまるポイントサイト
1: 風吹けばまんぷく 2019/02/17(日) 00:59:46.50 ID:PnR65tDZ0
輪島の奇習「もっそう飯」 「もっそう」= ご飯を盛る木枠

no title

石川・輪島市で16日、ちょっと変わった伝統行事が行われた。

筒から出てきたのは、山盛りのご飯。

高さはおよそ20cm、量は5合もあるという。

「もっそう飯」という江戸時代から続く伝統行事で、地元の人が集まっておなかいっぱいご飯を食べる催し。

この「もっそう飯」にはルールがあり、“黙って食べる”必要がある。

この「もっそう飯」、年貢の取り立てに苦しむ人々が、“隠れて作ったお米”を満腹になるまで食べたことが始まり。

当時、「隠し米」は重罪で、隠れて食べている最中に仲間と口げんかが起きてしまったら、「隠し米」の存在をばらされてしまうかもということから、
会話をせずに食べる習わしになったという。

(リンク先に動画あり)
https://www.fnn.jp/posts/00412214CX

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550332786/


続きを読む

Source: まんぷくにゅーす
【奇祭鬼盛メシ】石川県輪島市で伝統行事「もっそう飯」が行われる 高さ20cm、5合の山盛りのご飯を食べるwwwwwwww(画像あり)