若者の袋麺離れが顕著 販売量はカップ麺の半分以下 メーカーは販売減食い止めに必死

1: 名無し募集中。。。 2019/02/10(日) 08:07:51.44 0

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00000007-pseven-bus_all

 市場調査会社の富士経済によると、「カップ麺」は新ブランドの相次ぐ発売や、災害の備蓄需要などの要因も重なり2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいる。

 どうして袋麺は苦戦を強いられているのか。その背景には“若者の袋麺離れ”が顕著になっていることが挙げられる。

「カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと
調理に時間と手間がかかります。そのため、特に若い人たちは不便さを感じて、袋麺からカップ麺へのシフトが年々進んでいるのです」
836da41361932660136f68faaa67e833_s

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
若者の袋麺離れが顕著 販売量はカップ麺の半分以下 メーカーは販売減食い止めに必死

モッピー!お金がたまるポイントサイト