中国人の技能実習生、シソの葉を1束2円で束ねるお仕事をしていた

http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20181109/1070004652.html
農業の技能実習生として来日し、行方市の農家で働いていた中国人の女性が、
最低賃金を下回る時給300円ほどの水準で働かされたうえセクハラを受けたなどとして、農家の男性などに損害賠償や未払いの残業代の支払いを求めていた裁判で、水戸地方裁判所は女性の訴えを一部認め、およそ200万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

5年前、行方市の農家で技能実習生として働いていた32歳の中国人の女性は、
シソの葉を出荷するため1束2円で作業を請け負っていましたが、これが雇用契約に当たり、時給にすると300円程度と最低賃金を下回っていると主張しました。
そのうえで、農家の家族からセクハラを受けたなどとして、農家の男性などを相手取って1100万円余りの損害賠償や残業代の支払いを求めていました。
f58m_2540

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
中国人の技能実習生、シソの葉を1束2円で束ねるお仕事をしていた