収穫目前のりんご1200個盗難 3年連続被害に遭う

黒石市のりんご畑で、収穫前のりんごおよそ1200個が盗まれていたことがわかり、警察が窃盗事件として調べています。

警察によりますと、黒石市上十川にあるりんご畑で30日午後、収穫前の「ふじ」がもぎ取られて盗まれているのを、畑を所有する43歳の男性が見つけ、通報しました。

男性によりますと、この畑では、4日前の10月26日から日ごとにりんごが盗まれていて、30日までの被害はおよそ1200個、金額にして27万円にのぼるということです。

盗まれたのは、「ふじ」の中でも傷がなく、よく実ったものばかりだったということです。

また、男性は、去年やおととしも同じような規模の被害に遭っていますが、今回は特に、短い期間で盗まれたということです。
男性は「台風から守りながら大切に育てて、生育もここ数年で最もよかっただけに、許せません」と話していました。

警察は、窃盗事件として調べています。

県内では、今月に入ってりんごが盗まれる被害が相次いでいて、警察などがパトロールを強化しています。
001
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20181030/6080002857.html

※関連記事
リンゴ4300個盗まれた農家「リンゴで生活しているのに、どうしていいかわからない」

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
収穫目前のりんご1200個盗難 3年連続被害に遭う