ローソンの白だしで炊いたコメに「天かす」「青のり」「天つゆ」を混ぜた「悪魔のおにぎり」がツナマヨを抜いて1位に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000048-zdn_mkt-bus_all
ローソンが10月16日に発売した「悪魔のおにぎり」(110円、税込、以下同)が売れている。
発売から13日間で販売数が265万個を突破。これまで、同社で最も売れていたおにぎりである「シーチキンマヨネーズ」(116円、以下「ツナマヨ」)を単日ベースで抜いたというのだ。

悪魔のおにぎりは、白だしで炊いたコメに「天かす」「青のり」「天つゆ」を混ぜ込んで握ったものだ。
ローソンが「やみつき注意、悪魔のような誘惑」「おいしすぎてついつい食べ過ぎてしまう」というキャッチコピーで売り出したところ、大ヒット商品となった。SNS上では、消費者が同商品に独自のアレンジを加えた料理の画像をアップするなど、大いに盛り上がりを見せている。
ネット上では「買いたいけどお店になかった」などの声もあった。
l536720

モッピー!お金がたまるポイントサイト

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
ローソンの白だしで炊いたコメに「天かす」「青のり」「天つゆ」を混ぜた「悪魔のおにぎり」がツナマヨを抜いて1位に