キノコ採りで死亡 長野県で15人目

27日、長野県千曲市の山林に1人でキノコ採りに出掛けた73歳の男性が死亡した。
長野県内で今シーズン起きたキノコ採りに伴う死者は15人に上っている。

27日午前8時半ごろ、千曲市倉科の会社役員・酒井芳和さん(73)が自宅近くの山に1人でキノコ採りに出掛けた。
ところが、帰宅予定の昼になっても帰ってこなかったため、家族が地元の住民を通じて警察に通報した。

警察などが捜索したところ、山林内の斜面で心肺停止の状態で倒れている酒井さんを発見し、その後、死亡が確認された。
警察によると、発見現場の近くには20メートルほど滑落した跡があったという。

県内で今シーズン起きたキノコ採りに伴う死者は15人に上っている。
001
キノコ採りに出掛けた73歳の男性が死亡 長野県内では15人目
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15510436/

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
キノコ採りで死亡 長野県で15人目