「塩なのに減塩とは?」塩なのに塩分50%カットした塩が出回る

塩なのに塩分50%カット?「減塩しお」のしくみ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00013696-nallabout-hlth  

「“塩”なのに、“減塩”とは?」不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。ヒントは、中学校の理科の時間に習う「塩化ナトリウム」です。

通常、わたしたちが知っている「食塩」は、99%が塩化ナトリウムでできています。なぜ100%ではないかと言うと、海水からつくることが多いので、どうしても他のミネラル分等が1%ほど残ってしまうからです。この残留ミネラル等の味が粗塩の味を決めていると言われています。

「減塩しお」とは、この塩化ナトリウムの比率を減らしています。しかし、ナトリウム以外のミネラルの比率ばかり上がってしまうと、本来の塩の味ではない雑味ばかりが強いものになってしまいます。

そこで実は塩化ナトリウムと同じような塩味を感じる「塩化カリウム」を加えることで減塩をしているのです。
001

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
「塩なのに減塩とは?」塩なのに塩分50%カットした塩が出回る