原田環境相、レジ袋有料化を義務にすることを検討

 原田義昭環境相は4日、報道各社のインタビューで、海洋汚染が深刻なプラスチックごみの削減のため、小売店などで配布されるレジ袋の「有料化を義務づけるべきではないか」と述べ、実現に向けて検討する考えを示した。関連する業界団体に協力を呼びかける姿勢も示した。

 国内のレジ袋消費量は年間約300億枚とされる。小売業者は容器包装リサイクル法に基づき、有料配布などを通じて消費抑制の努力をするよう求められているが義務ではない。地域ごとにスーパー各社が足並みをそろえて有料化している例がある一方コンビニやドラッグストアには客離れを懸念する声もあり、業態によって温度差がある。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 原田環境相はプラごみ対策について「消費者の問題もあり、皆さんの意見を聞かなければならない」としながらも「環境政策と経済政策は対立するものではない」と話した。
001
https://mainichi.jp/articles/20181005/k00/00m/040/085000c

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
原田環境相、レジ袋有料化を義務にすることを検討