吉野家ホールディングスが決算を発表 最終損益は11億円の赤字に転落

 吉野家ホールディングスは27日、2019年2月期の最終損益が11億円の赤字になる見通しだと発表した。従来予想の17億円の黒字から一転して赤字に転落する。
赤字になるのは2013年2月期以来、6期ぶり。販売が想定より伸びず、退店などに伴う特別損失も膨らむ。

 売上高は前期比3%増の2050億円と従来予想を60億円下回る。主力の牛丼店の既存店売上高が計画に届かないほか、ステーキ店などを手掛ける傘下企業の業績も振るわない。
営業利益は前期比73%減の11億円を見込む。採用コストが想定以上に上昇し、従来予想を30億円下回る。
001
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HVD_X20C18A9000000/

モッピー!お金がたまるポイントサイト

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
吉野家ホールディングスが決算を発表 最終損益は11億円の赤字に転落