【かわいい炊飯器】インドで30年かけて普及させた炊飯器を日本に輸出 若者や1人暮らしの人をターゲット(画像あり)

1: 風吹けばまんぷく 2018/09/20(木) 23:29:32.96 ID:CAP_USER9
no title

大手電機メーカーのパナソニックは、日本からインドに持ち込んで30年かけて普及させた炊飯器を、今度はインドから日本に輸出すると発表しました。

パナソニックは、米を炊飯器で炊く習慣がなかったインドで、およそ30年前から炊飯器の生産を始めました。

ごはんとカレーを同時に調理することができる、インドならではの2層式の製品などを開発して消費者に炊飯器を広め、現在、インドでは6割のシェアを握っています。

19日、首都ニューデリーで記者会見を開いたパナソニックは、インド製の炊飯器を日本に輸出することになったと発表しました。

輸出するのはカレーなどの煮込み料理も作ることができて、持ち運びが簡単なインドで人気の小型の炊飯器で、若者や1人暮らしの人などをターゲットに、来月から1台7000円ほどで販売する予定だということです。

パナソニックはインドを家電製品の重要な生産拠点に位置づけ、アジアや中東向けに炊飯器のほかエアコンや洗濯機の輸出も始めています。世界的な和食ブームを追い風に、今後、欧米にも炊飯器の輸出を増やしシェアを拡大したい考えです。

パナソニックAPインドの麻生英範社長は、「炊飯器の需要は世界的に伸びているので、その国のニーズに合った商品を提供していきたい」と述べました。

2018年9月19日 20時57分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011636501000.html?utm_int=all_side_business-ranking_005

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537453772/


続きを読む

Source: まんぷくにゅーす
【かわいい炊飯器】インドで30年かけて普及させた炊飯器を日本に輸出 若者や1人暮らしの人をターゲット(画像あり)

モッピー!お金がたまるポイントサイト