ババヘラアイス、宮城県の保健所の基準により販売出来ず 業者戸惑う

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 秋田のソウルフードと呼ばれる氷菓「ババヘラアイス」について、県境を越えたイベント販売などが一部足踏みを強いられている。独特の販売方法に対し、県ごとに許可基準が異なるためだ。今月も宮城での取り扱いを見送ったケースがあり、業者は戸惑いを隠せない。

 今月中旬にあった自転車イベント「ツール・ド・東北2018」の主会場(石巻市)で仙台市の業者がババヘラを販売しようとしたところ、石巻保健所の許可が下りなかった。
 業者は「問答無用で駄目と言われた感じ」と残念がる。保健所が問題視したのはババヘラを保存用の容器からへらですくい、コーンに盛り付ける売り方だった。
 宮城県と仙台市には、イベントなど仮設店舗の営業許可や食品の扱い方を定めた要領がある。アイス類は「ほこりが入る」などとして容器からすくって売る方法を禁じている。
 秋田県の場合、タンク式の手洗い設備を用意するなど一定条件下でババヘラの屋外販売を認めてきた。県によるとババヘラが原因とされた食中毒の例はない。
no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000009-khks-soci

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
ババヘラアイス、宮城県の保健所の基準により販売出来ず 業者戸惑う