山奥の温泉旅館まで行って晩飯がマグロの刺身だった時の残念感

「山の温泉まで来て、赤身のマグロか」――。せっかく人里離れた山間の旅館に来たのだから、都会ではあまり食べられない新鮮な川魚や山菜などを食べてみたいもの。
それなのに、「なぜ、赤身のマグロなんだ」と興ざめした方も多いのではないだろうか。
テーブルに運ばれてくるものは、マグロ赤身、サーモン、ホタテ、甘エビといった海産物がほとんどだ。

その理由として誰もが想像つくのが、いずれも「冷凍保存の効く食材だから」という点だろう。旅館では、量の増減はあるものの全ての利用客にほぼ同じ献立を出す。
そのため、大量に仕入れられる食材が必要なのだ。地産地消の食材では仕入れ量が安定しなかったり、仕入れ値が変動したりするため、提供しにくいのが実情だ。
sashimi_maguro_akami
https://toyokeizai.net/articles/-/112694

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
山奥の温泉旅館まで行って晩飯がマグロの刺身だった時の残念感