パナソニックがインドで30年かけて普及させた炊飯器を日本に輸出 若者や1人暮らしの人をターゲット

no title

大手電機メーカーのパナソニックは、日本からインドに持ち込んで30年かけて普及させた炊飯器を、今度はインドから日本に輸出すると発表しました。

パナソニックは、米を炊飯器で炊く習慣がなかったインドで、およそ30年前から炊飯器の生産を始めました。

ごはんとカレーを同時に調理することができる、インドならではの2層式の製品などを開発して消費者に炊飯器を広め、現在、インドでは6割のシェアを握っています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011636501000.html?utm_int=all_side_business-ranking_005

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
パナソニックがインドで30年かけて普及させた炊飯器を日本に輸出 若者や1人暮らしの人をターゲット

モッピー!お金がたまるポイントサイト