【ビールなら約3リッター!】吉澤ひとみ容疑者の検出アルコール量検証、供述よりもかなり多い可能性へ

<“4つのウソ”?>(吉澤容疑者の供述より)
・駐車車両があり止まれなかった
・逃げるつもりはなかった
・気が動転していた
・午前0時ごろまで缶チューハイ3缶を飲んでいた

中でも注目したのは、“吉澤容疑者が運転前にどのくらいの量を飲んだのか”という点だ。

「基準値4倍」の飲酒量…一体どれくらい飲めば?
<飲酒の7時間後に0.58mg/Lという数値を残すためにはどれくらいお酒を飲んだのか検証>

・缶チューハイ(350ml缶・アルコール度数5%)の場合…約8.2缶分
・ビール(中瓶500ml・アルコール度数5%)の場合…約5.7本分
・ワイン(1本720ml、1杯120ml・アルコール度数12%)の場合…約1本と4杯分

大村:
酒気帯び運転の基準値である0.15mg/Lというのは純アルコール20gという数字なんです。吉澤容疑者はその4倍ですから、約80gのアルコールが体内から検出されたことになります。
人間の体というのは、1時間あたりアルコールを5gずつ分解する力があるそうです。今回の場合、7時間ですので35gは分解されたはずなのに80g体内に残っていた…つまり合計で115gほどのアルコールを摂取した可能性があります。分解には個人差はありますが、単純計算ではこの数字となります。

安藤:
すごい量ですね…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00010010-fnnprimev-soci&p=1

駐車車両があり止まれなかったず逃げるつもりはなかった現場の様子
no title

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
【ビールなら約3リッター!】吉澤ひとみ容疑者の検出アルコール量検証、供述よりもかなり多い可能性へ