コンビニ「セーブオン」が8月31日で完全消滅 また個性的なローカルコンビニが消える

かつて北関東各地でお馴染みだった中堅コンビニエンスストアチェーン「セーブオン」(SAVE ON、本社:前橋市)が「ローソン」へと転換するため、最後まで残った店舗が8月31日朝までに閉店することを発表した。

※ ※ ※ ※ ※

一方で、大手コンビニエンスストアが攻勢を強めるなか、2012年からは富山県、長野県など群馬県から遠い地域の一部店舗をローソンに経営譲渡。2016年以降は、株式会社セーブオンが既存のセーブオン店舗をローソンのFCへと展開する
「メガフランチャイズ契約」を締結し、多くの店舗が「セーブオン運営のローソン」へと生まれ変わっていった。

2018年7月まで残ったセーブオンの店舗は群馬県内のみの159店舗。これらの店舗は8月31日朝までに全店閉店し、
今秋中にローソンへと改装・再オープンする。なお、一部店舗は近隣にローソンがあるなどの理由でそのまま8月中に完全閉店となる。
001
https://news.infoseek.co.jp/article/harborbusinessonline_20180825_00173495/

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
コンビニ「セーブオン」が8月31日で完全消滅 また個性的なローカルコンビニが消える

モッピー!お金がたまるポイントサイト