明治、美味しい牛乳の内容量を減らして利益も減らすことに成功

加工食品事業、栄養事業、海外事業は前年同期を上回ったが、プロバイオティクスや牛乳類の減収により発酵デイリー事業は前年同期を下回り、菓子事業は取引制度変更の影響やチョコレートが大幅に減収となったことから前年同期を大幅に下回った。

営業利益は、主力のプロバイオティクスやチョコレートの減収に加えて各種費用の増加により、17.8%減の184億円。

医薬品セグメントの売上高は、2018年4月に実施された薬価改定の影響はあったものの、国内主力品の販売数量の伸長や海外子会社の寄与などにより、5.4%増の378億円。

営業利益は、薬価改定の影響、前年同期に発生した一時金収入の反動などが影響し、23.6%減の14億円。

https://www.ryutsuu.biz/accounts/k080728.html

こちらもおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
3: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US] 2018/08/12(日) 14:12:11.97 ID:dTJ49LDk0
no title


続きを読む

Source: お料理速報
明治、美味しい牛乳の内容量を減らして利益も減らすことに成功