マクドナルドの営業利益が41.6%増  ボリュームアップ「夜マック」が好調

 日本マクドナルドHDが8月9日に発表した2018年12月期中間(1~6月)決算は、売上高が1330億円(前年同期比9.7%増)、営業利益が133億円(同41.6%)と大幅な増収増益だった。

 2015年の異物混入問題を乗り越え、2016年以降、マクドナルドの業績は着実な回復を遂げてきた。外食で重視される指標である既存店売上高は、2015年12月から32カ月連続で前年同月を超えている。

 ツイッターを使った消費者参加型キャンペーン、商品やキャンペーンのネーミングの工夫、他社とのコラボレーションといったマーケティングが効き、客数、客単価ともに伸ばしてきた。2017年には、1店当たりの月商は上場以来最高の水準まで高まった。客数の減少に悩む多くの外食企業を尻目に、文字どおりマクドナルドの”独り勝ち”が続いている。
001
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00233156-toyo-bus_all&p=1

モッピー!お金がたまるポイントサイト

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
マクドナルドの営業利益が41.6%増  ボリュームアップ「夜マック」が好調