日本産ウイスキーの「危機」  日本産ウイスキーが「足りない」

http://news.livedoor.com/article/detail/14738932/
日本のウイスキー産業の主な問題は、供給が需要に追いつかないことにある。この状況をもたらしたのは、1980年代の需要の低下とそれに伴う生産の縮小だ。

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は2016年、国内の蒸留所は急速に生産を拡大しているが、在庫を復活させるにはおよそ10年がかかるとの見通しを示した。日本産ウイスキーは熟成年数の長いものを中心に、価格の上昇(さらには最高値の更新)が続くと見込まれる。

サントリーは2015年に「響12年」の販売を終了。ニッカウヰスキーの「余市」や「宮城峡」など、熟成年数の長いその他のウイスキーの多くも販売中止となった。そうした中でこれらの代替となっているのが、熟成年数がより短いウイスキーだ。これは、ウイスキーの選択に”地雷原”を作り出している。おいしいものもあれば、標準以下で値段に見合わないものもある。
001

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
日本産ウイスキーの「危機」  日本産ウイスキーが「足りない」