インド人カレー屋「俺いつ休んでいいの?」

 昨年末の開店以来、無休で営業してきた島根県浜田市のカレー店のインド人シェフが、店の玄関に掲示した手書きの貼り紙が、インターネット上で話題になっている。客に休みの設定を問う一方で、「休むタイミングがわからなくなった」と謙虚に告白する内容は4月にツイッターに投稿され、瞬く間に拡散。「ゆっくり休んで」などと数多くの好意的なメッセージが寄せられている。
 貼り紙をしたのは、同市竹迫町の持ち帰り専門の「ナマステカレー」シェフ、スケーシュ・シンさん(37)。来日して約10年間で東京や栃木などの専門店で、香辛料の利いたカレーの調理経験を積み、浜田市内で昨年12月20日、定休日を決めないまま仮開店。年明けには正式営業を始め、「家族への仕送りのため、稼がないと」と単身赴任で休みなく働いた。
 一方で「日本語を勉強する時間がほしい」「休みを言い出していいものか」などと悩み、オーナーで併設のバー経営北村裕作さん(52)に相談したところ、定休日を設ける是非を、貼り紙で客に問うことを提案された。「貼り紙も一つのラブレター。思いを素直に書こう」との北村さんのアドバイスに、2時間をかけて書き上げた。
 店舗は県立大浜田キャンパスなどに近く、なじみ客も増えつつあった時期。2月下旬の掲示後、客からは「いいよ休めば」や「ユーモラスで面白い」と好意的な反応が寄せられた。
売り上げなどを考慮して、火曜を正式に定休日に決め、4月下旬にツイッターに投稿されると、たどたどしい文字や率直な気持ちを吐露する内容に、「なんかもうプラス要素しかない」などと一気に共感のリツイートが相次いだ。
001
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180512-OYT1T50153.html

モッピー!お金がたまるポイントサイト


続きを読む

Source: お料理速報
インド人カレー屋「俺いつ休んでいいの?」


続きを読む

Source: お料理速報
インド人カレー屋「俺いつ休んでいいの?」