静岡のハンバーグチェーン「さわやか」営業時間短縮のお知らせ

http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3034190611.html

全国的な人手不足で従業員の確保が難しくなる中、県内に展開する人気ハンバーグ店として知られる浜松市の「さわやか」は、ことし6月から閉店時刻を1時間早めることになりました。

浜松市のレストラン「さわやか」は、牛肉100パーセントの炭焼きのハンバーグが看板メニューで、県内で「炭焼きレストランさわやか」を31店舗展開しています。
「さわやか」ではことし6月から1つの店舗を除いて閉店時刻をこれまでの深夜0時から午後11時に繰り上げ、営業時間を1時間短縮することになりました。

「さわやか」では平成元年ごろから平日の営業時間が午前11時から翌日の午前0時まででしたが、平日の営業時間を短縮するのは約30年ぶりだということです。
「さわやか」によりますと、最近はSNSなどで全国的に店の知名度が広がり、店を訪れる人の数も年々増えていて、去年のすべての店舗を合わせた来客数は600万人に上りました。

こうした中、「さわやかで」は限られた人員を効率的に配置して、昼間などの
混雑時のサービス力を向上させようと、営業時間の短縮に踏み切ることにしたということです。

「さわやか」営業部の大城泰士次長は
「お昼と夜の混雑した時間帯に多くのお客様にご迷惑をおかけしているので、
そうした点を改善してこれまで以上においしいハンバーグを提供したいです」
と話していました。

全国的に人手不足が深刻となる中、こうした営業時間を短縮する動きは、
労働環境の改善などにもつながるとして、全国のレストランチェーンやコンビニにも広がりを見せています。
001

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
$permalink}