体調が悪くても働いていたがんばり屋さんが調理したサンドイッチで11人食中毒(ノロウィルス) 日田

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20180424/5070000510.html

日田市の飲食店で作られたサンドイッチを食べた客11人が嘔吐や下痢の症状を訴え、一部の客や店員の便からノロウイルスが検出されたことから、大分県は集団食中毒と断定し、この店を3日間の営業停止にしました。

営業停止を命じられたのは、日田市の飲食店「HAZEBO COFFEE」です。
県によりますと、今月20日と21日に、この店で作られたサンドイッチを食べた30代から50代の男女11人が嘔吐や下痢、それに発熱の症状を訴えました。
症状はいずれも軽く、快方に向かっています。

県の保健所が調べた結果、11人のうち医療機関を受診した3人全員に加え、
調理を担当した店員1人からノロウイルスが検出されました。
この店員は体調が悪い中、勤務を続けていたということです。
sick_kansensyou (1)

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
$permalink}