エナジードリンク、死亡事故や健康への影響を受けてアメリカで18歳未満への販売禁止を検討

コンビニエンスストアや自動販売機で気軽に手に入る「エナジードリンク」。
日本では、お父さん御用達の栄養ドリンクが市民権を得ていたこともあり、あれよという間に広まった。

一方、欧米では販売を薬局に限定するほか、18歳未満の青少年に対する販売を禁止する法律や条例が施行されるなど、一定の制限を設ける動きが広がっている。今年3月にも、米国スポーツ医学会が公式声明として、小児の摂取に対し警告を発した。

声明では、エナジードリンクに含まれる高用量のカフェインなどが睡眠障害、不安、心血管疾患のリスクになると指摘。子供を監督するトレーナー、コーチに対し、推奨事項を守るよう提案している。

 主な推奨内容は、

 (1)エナジードリンクは子供や18歳未満の青少年向けの商品ではない。また、子供向けのマーケティングを行うべきではない。

 (2)激しい運動中、またその前後にエナジードリンクを飲むべきではない。死亡例が報告されている。

 (3)エナジードリンクは水、清涼飲料水とは全く異なる飲み物で、無計画に飲み続けると深刻な副作用が生じる可能性がある。リスクについての教育が必要である。

http://diamond.jp/articles/-/167762
energy_drink

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
$permalink}

モッピー!お金がたまるポイントサイト