2月の福井大雪被害でも24時間 セブンイレブンが営業停止拒否で オーナー「妻は過労で救急車で運ばれ自分は50時間不眠で死ぬかと思った」

大多数のコンビニは、契約で「24時間365日」営業と決まっている。災害などが起こった場合、どこまで契約を守らなければならないのだろうかーー。

福井県のあるセブン-イレブンオーナーは、記録的な大雪を理由に2018年2月6日から7日にかけて、24時間営業の停止を何度も訴えた。しかし、セブン側は要求には応じず、店を開けるよう回答したという。

一緒に勤務していた妻は長時間の雪かきの末に倒れ、救急車で運ばれたが、オーナーは営業をやめられないため、付き添えなかったという。スタッフの出勤も困難で、2月6日から8日にかけて、約50時間不眠で働くことになったそうだ。
https://www.bengo4.com/c_5/n_7720/
no title

モッピー!お金がたまるポイントサイト

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
$permalink}